車下取りは損をする?


車を下取してもらうと損をすることが多いと言われています。必ず損をするというわけではないのですが、車下取りでは少なくて10万円、多くて50万円ほどの損をすることが大半だとされています。

なぜなら、下取りよりも買取りのほうが車を高く売れるケースがほとんどだからです。ディーラーと中古車買取業者を比較すると中古車の販売ルートで差が出ます。基本的にディーラーは中古車の流通には力を入れて取り組むことはありません。

対して中古車買取業者は中古車の買取りと販売で利益を得ているため、販売ルートはさまざまで幅広いのです。下取りのディーラー販売ルートが乏しいため、後々に高く売れるか分からない車に対し、高額を出すことがないわけです。さらに、車下取りでは営業マンの話術で高く買取ってもらえたと勘違いしてしまう人も多いです。


例えば、中古車は100万円の価値しかないですが、新車購入費を10万円割引しましょうと言ってお得に思わせるのです。実際に買取りでは150万円で売れる車だとしても、営業マンのトークで損はないと思い込んでしまうわけです。下取りをした場合、下取り価格と新車割引価格をどんぶり勘定されで損をするケースもあります。

軽自動車の売却



軽自動車の売却には、必要書類を用意しなければなりません。

自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、軽自動車税納税証明書、認印をまず用意しましょう。その他に、自動車リサイクル料を預託している場合はリサイクル券が必要になります。

さらに1回転居をしているなら住民票、2回転居をしているなら住民票の除票を用意しましょう。結婚などで姓が変わっていれば戸籍謄本、区画整理などで住所が変更していれば行政区画変更証明書も必要です。

これらがそろったら、軽自動車の売却に取りかかりましょう。

買取りか下取りでは買取りのほうが高額で売却できることが多いので、そちらがおすすめです。軽自動車の買取り査定をする際には、複数の中古車買取業者の買取金額を比べると、高額買取の可能性が高まります。

複数の業者にそれぞれ査定依頼をするのは面倒ですので、無料一括査定サイトを利用するのがおすすめです。軽自動車の査定の段階になったら、複数の買い取り業者を競合させるように仕向けると、買取金額がアップしやすいです。

無料出張査定で買い取り業者側に軽自動車の査定に来てもらうと、業者が競合しやすくなります。自動車査定で高く車を売る

車査定と修復歴の関係


車査定では、修復歴のある車だと、査定額が下がる関係にあります。

修復歴車とそうでない車では、かなり大幅に車査定金額が変わるのは確実です。

もちろん、前者のほうが金額が低くくなります。なぜ修復歴があると車査定では低い評価になるのか、それは中古車を買取って再び市場に並べた時に理由があります。一般的に、中古車を買いにきている人の中でも、修復歴のある車を好む人はいません。

車を安全に利用したいと考えるならば、一度大きな事故にあったはずの修復歴車は購入しづらいでしょう。中古車買取業者にとって、売れない中古車は意味がありません。すると修復歴車は価格を引き下げて中古車市場に並ぶことになりますから、利益をあまり期待できません。つまり、車査定でも高い金額を支払うことは難しいわけです。

では、修復歴のある車は絶対に高く売れないのかと言うと、そうは言い切れません。

人気車種であり、年式が新しい場合、修復歴があっても思いのほか査定金額が高くなるケースがあるのです。逆に人気も特になく、年式も古く、多走行車の場合は、修理せずにそのまま事故車専門の買い取り業者に査定に出すなどしたほうが良いでしょう。